OUTIL”CHEMISIER MORIAT”









¥28000+tax




color  ecru




size 2,3




ユーロ古着のブームは今現在日本でも大きなムーブメントになっており、ユーロ古着の値段はここ5〜10年でかなり高騰している現状があります。




ユーロ古着、特にフランスのワークウェアやミリタリーウェアにはアメリカ古着にはないどこか洗練された上品さがあり、幅広い年齢の方に受け入れられ浸透しています。




そんなユーロ古着に魅せられたデザイナー宇多悠也氏が2016年AWにスタートさせたブランドそれが「outil」です。




フランス語で‘道具’を意味するOUTIL(ウティ)なにかしらの目的のための道具としての側面をもつモノとしての服という考え方のもと服作りをされています。




また都内のフレンチレストランのユニフォームのデザインなどもされています。




デザイナーの宇多悠也氏は20代前半の若い頃からよく古道具や古着の買い付けでヨーロッパに何度も足を運ばれており、中でもフランスに興味を持つようになりました。




元々ものづくりにも精通していたデザイナーはこうした中フランスの古着の要素を入れた服を作りたいと考えるようになりました。








そしてフランスの工場に足を運び服作りをしてくれる場所を探し、結果的に現在フランスでコレクションの一部を生産することとなりました。








今回ご紹介いたしますシャツはそのフランス製のものです。




こちらのシャツは生地に南フランスジュラ地方で採れたオーガニックコットンを100%使用しています。それによりナチュラルな生成色に仕上がり、表面はネップ感があり肌触りが優しくサラッとしています。




羽織としてもシャツとしてもお使いいただける1着です。







NAOTO