8/27 champion REVERSE WEAVE

 

こんばんは。

リバースウィーヴ大好き店長abeです。

 

毎年フィートでも細々とリバースウィーヴを展開させて頂いてました。

その甲斐あってか、時代の流れかはわかりませんが、

近年お客様からリバースウィーヴが欲しいとリクエストをよく頂くようになりました。

 

嬉しいことです。

 

 

リバースウィーヴは

1919年にニューヨークで創業されたチャンピオン社の看板商品で、

キングオブスウェットとも呼ばれています。

チャンピオンはもともとセーターを販売する会社でしたが、労働者向けにウールの下着を開発し、それがアメリカ軍の目に留まり運動用のウエアとして採用されました。

その後全米の様々な大学と取引が始まり、さらにその後、企業のユニフォームやファッションシーンへと浸透していきました。

 

1930年代ごろまでのスウェットは、タテ織りで作られていたため洗濯をした後にタテ縮みによって型崩れしてしまっていました。

そこでリバースウィーヴは横向きに織ることでタテ縮みを解消し、ヨコ縮みを防止するため両脇にリブを搭載。

この画期的な仕組みで特許を取り、今もずっと同じ製法で生産を続けています。

 

チャンピオンのリバースウィーヴの凄さが分かったところで

入荷アイテムを紹介させて頂きます。

 

 

champion REVERSE WEAVE

color : YELLOW

size : LARGE

1980年代中期のクルーネック。

フロントの刺繍が印象的で、色味もクリームがかったイエローで柔らかい印象です。

 

 

champion REVERSE WEAVE

color : GREEN

size : X – LARGE

こちらも1980年代中期のクルーネック。

芝生のようなハッキリとしたグリーンです。状態も申し分なしです。

 

 

champion REVERSE WEAVE

color : RED

size : X – LARGE

こちらも1980年代中期のもの。この年代のパーカーで無地のものはどんどん減ってきている印象がありますがカンガルーポケットの小さな穴以外ダメージも特になく色も9割近く残っております。

 

 

champion REVERSE WEAVE

color : GRAY

size : XX – LARGE

1990年製のメリーランド州アナポリスのプリント。

シバーン川の河口に位置する街らしくパドルがプリントされています。

袖のプリントがアクセント。

 

champion REVERSE WEAVE

color : RED

size : LARGE

1980年代後期のクルーネック。

プリントの色が珍しく、パステルな紫色です。

 

次回もリバースウィーヴを紹介させて頂きたいと思います。

 

abe