kijimatakayukiのお話





今日はkijimatakayukiというブランドについてお話しさせていただこうと思います。




今回のコレクションテーマは「原点回帰」




kijimatakayukiの得意とするオートクチュールの手作業による職人仕事。




これがやはりこのブランドの強みであり魅力ですそれを伝えるために今回展示会で特別に「kijimatakayuki」のアトリエを初めて見せて頂ける機会があり木島さんご本人から機械の説明や作業工程の一部を見せていただけることになりました。




私の大好きなブランドでもあり日本を代表する偉大なメーカーのアトリエを見られるとあってワクワクした気持ちで代官山のお店に向かいました。




代官山の本店が展示会の会場だったのですがその地下がそのままアトリエになっています。




展示会で一通り商品の説明を頂いた後に地下のアトリエを案内していただきました。




まず入ってすぐに帽子専用のチェーンミシンを見せていただきました。








これは主にペーパーハットやストローハットを縫うためのミシンです。ブレードと呼ばれる2cm幅くらいの紐をミシンで縫い合わせて1つのハットにします。一つ縫うのに約120m使用するそうです。




こちらで使われているミシンは30年以上前から使っているものらしくそれも木島さん用にリモデリングされています。




通常のミシンよりもかなり早く縫えるようにモーターを変えているらしく木島さんは一個のハットを作るのに約12分程度しかかからないそうです。




その理由としては量産も全てそのミシンで作るのでスピードが早く縫えるという点と早くした方がテンションがかかりづらく仕上がりが綺麗になるからだそうです。(一回のコレクションで1型あたり2500個量産されていたらしく木島さんは9ヶ月間ミシンを踏み続けていたそうです)




縫われた帽子は正しいフィッティングでできているかテストするためにそのサイズの木型にはめて手で、浮いているところがないかキツすぎるところはないかチェックします。




本来、ミシンで縫って木型にかぶせてサイズチェック、そしてフィッティングが合わなければほどきまた合わせるという作業を何回もミシンから外しチェックを重ねるのですが




木島さんは2回しか外さずに完璧なフィッティングで仕上げることができます。




実際に木型に被せた帽子を触らせていただいたのですが木型に被せるとスッポリと帽子が収まりどこを触っても浮いておらず生地にストレスなく木型を覆っていました。




kijimatakayukiのハットは折り曲げても型崩れが起きないと謳っています。




完璧なフィッティングで作られていないと形が崩れてしまうからです。




この帽子のフィッティング、形作りは手先の感覚のみで行われており生地を強く引きながら縫うか、緩めて縫うかだけで調節しています。




手先の感覚のみで行われる繊細な作業なのでここまでできるようになるのに30年かかったとおっしゃられていました。




人間の頭は丸い筒状ではないのでミシンで帽子の一周を縫う間で何回も細かな調節をされています。




次にフェルトハットの説明をしていただきました。




「これがフェルトハットをつくる原材料です」と見せてくださったのはこちらの帽子。








実はハットはこの形に切り出されてから材料として仕入れます。




なのでここからどう加工するかがブランドの腕の見せ所です。




kijimatakayukiではヨーロッパのラビットやビーバー、ウールの素材を仕入れて加工しています。




ハットを加工する工場には古風なヤカンが五徳に乗って2個並んでいました。








「この細い口の昔ながらのヤカンは出てくる蒸気が強力なんでこれしか使わないんですよ」と木島さん。




この口から曲げたい部分に蒸気をハットに当てることで繊維を伸びやすくし少しずつ手で形を作っていきます。




実際に触らせていただいたのですがかなり熱い状態でないと伸びないとのことで素人の私が触るととても熱かったですが木島さんはその状態でツバを引っ張り形を変えていきます。




この手で引っ張り形を作るやり方も実はしているブランドは少なく、殆どのブランドが金型にはめ込みプレスしてノリで固め形を作る方法をとっています。




kijimatakayukiではノリを使っていないのでシワが入りづらく型崩れもしづらいです。








それを今度は適当なツバの長さにカットし、リボンをつけて完成です。




そしてここからがkijimatakayukiにしかない最大の特徴なのですが、木島さんは元々オートクチュールのハット職人出身ということもあり木型を一から作ることができるのです。








実際に作った型も見せていただきました。




特殊な繊維の紙を何枚も重ね、依頼されたデザインの形に成形したあと、そこに白いペンキを塗り固めて形にするそうです。




このオートクチュールの技術は師匠でもあり皇室の専属ハット職人でもあった故 平田暁夫氏から引き継いだもので、世界的にも限られた人しかできないものです。








kijimatakayukiが様々なブランドとコラボレーションしていますが、ブランド側の要望に100%応えられる木島さんの技術があってこそなせるものだと思います。




kijimatakayuki2020awの商品も続々と届いています。




是非触って、見て感じてみてください。




KIJIMA TAKAYUKI bucket hat ¥11,000+TAX




ULTERIORと陰翳礼讃


気が付けば春が去り梅雨が開けようとしています。
まだ夏も来ていないのですが、僕らにとっては楽しみな秋冬服の入荷の時期です。
今年2020年秋冬から新しくお取り扱いを始めましたULTERIORについて、今日はお話しさせて頂こうと思います。




ULTERIORはサヴィー/salvy;のデザイナーを務めていた牧大輔による新ブランドで2019年AWからスタートしたブランドです。
1980年代にアメリカで発行されていた「WET Magazine」の元編集長レナード・コーレン(Leonard Koren)による書籍「Wabi-Sabi」や谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃(いんえいらいさん)の世界観を意識し、日本人の根底にある美を意識したコレクションを発表しています。




私もこの機会に一度こちらの書籍を読んでみようと思い書店で手に取りました。
内容を簡単に要約すると大正時代ごろに日本に持ち込まれた西洋的な美の感覚とそれ以前の日本に存在していた美の感覚を様々な例を挙げて比較するものとなっています。




こちらの本は考え方や切り口が非常に面白いのももちろんなのですが、表現力が言葉では言い表せないほど素敵で読んでるうちに世界観に引き込まれていきます。




少し話が逸れてしまいましたが、文中にも挙げられています茶室を例に本の内容について少しだけ具体的にお話しさせていただくと、日本古来の茶室(数寄屋造)の部屋は光があまり入って来ない作りになっており、やわらかく差し込む光に照らされたお椀が見る角度によって様々な表情を見せる様を、美しいと思う感覚こそが日本人の根底にある美の意識だと筆者は述べています。




煌々と照らされた豪華絢爛な部屋のピカピカなコップで紅茶を飲む西洋人と影と質素を好む東洋人では根本から美的感覚が違います。
ただここで筆者が述べているのは日本人は文明を捨てて昔の暮らしに戻るべきだと述べているのではなく、例えば電球を用いた行燈のように西洋の文化をうまく日本に合う形で落とし込んでいくことがこれからは大事になってくると述べられています。




そういった意味では、洋服で陰翳礼讃的な感覚を表現しているULTERIORはまさに谷崎氏の言っている日本人に合う形で洋服に落とし込んでいるのではないかと私は思いました。
長くなりましたが実際のアイテムを見ながらお話をさせていただきます。




ULTERIOR / OVERLAID STANDARD STRIPE SHIRT “UMBER”

24,000+TAX




2020AW最初に届いたアイテムはOVERLAID STRIPE SHIRT です。
直線的な線ではなく点によって表現されたストライプはさながら日本庭園の砂紋の様です。




ULTERIOR / OVERLAID STANDARD STRIPE SHIRT “OFF”

24,000+TAX




襟裏部分にはULTERIORのシャツを象徴する生地の重なりが施されており。
着物の前合わせを連想させるとともに左右非対称の不揃いなところに美を求める私たち日本人的なセンスを感じます。







日本の刺し子生地を使ったり着物ジャケットを作ったり和装そのものからインスパイアされたブランドはあれど、もっと奥深い所での日本を表現しているブランドはそう無いと思います。




ULTERIORの服は着ていて落ち着くとともに、私たちが失いかけている根本的なものを思いだせてくれる服だと私は感じました。







NAOTO

STABILIZER GNZ のお話


先日STABILIZER GNZ(スタビライザージーンズ)の展示会に初めてお伺いさせていただきました。




そこでまた改めて、ブランドの魅力を紹介させていただこうと思い今ブログを書いています。




STABILIZER GNZは製品洗いや毛焼き加工を一切施さない、リジットデニムに拘りジーンズを作り続けているブランドです。




デザイナーは矢實朋(やざねとも)氏。




矢實氏はパタンナーとしても活躍しており、某パリコレ常連ブランドのパターンなども手掛けています。




まず僕が忘れられないエピソードとして矢實氏がインタビューで「古着をたくさん見てきて、自分にジャストの古着のリーバイスだけがどうしても似合わなかった」とお話しされていたことがありました。




パンツにおいてフィッティングが全てだと個人的には思います。しかし古着では1インチごとにサイズ展開があるわけでもありませんし自分にぴったりのウエスト、レングス、良い状態で見つかることはそうそうありません。




僕も身長があまり高い方ではなく170cmちょうどしかないので、お世辞にもスタイルが良いとは言えません。




しかしそんな僕でもSTABILIZER GNZのジーンズだけは、全てのフィッティングがピッタリとハマり体に馴染んでくれます。




パタンナーでもありデザイナーでもある矢實氏だからこそ為せる技だと思います。




ディティールはかなり削ぎ落とされたミニマルなデザインですがその無国籍な雰囲気はアメリカ的でもなく、モード的なアプローチでもありません。







一年中また長い年月履くデニムだからこそ普遍的でプレーンなものを選んでいただきたいです。




STABILIZER GNZ / 0-04 “FLARE”
¥19,000+TAX




私もSTABILIZER GNZの洋服をよく買わせて頂いているのですが、初めて買った時に驚いたエピソードとして、8−22 stand collar jacketを初めて洗濯機にかけてベランダで乾かし終わり取り込んだ際にジャケットが一人でドンと自立しました。




STABILIZER GNZ / Engineer Jacket 8-34V

¥26,000+TAX




STABILIZER GNZに使われているデニムは14ozのものでさらにノリのついたリジットのみを使用しており、その固さは折り紙付きです。




ただその固さがあることによって生まれる美しいアタリや耐久性が保証されています。




最初は固くて履きづらくとも履き込み育て、そうして段々と体に馴染ませていくその工程で愛着が湧き自分だけの一本になる。STABILIZER GNZのジーンズはそんなパンツです。




STABILIZER GNZ / 0-09 “SELVEDGE WIDE STRAIGHT”

¥19,000+TAX







feets 志村

ENDS and MEANS BAG


今期から再びお取り扱いさしていただくことになった「ENDS and MEANS 」ですが改めてブランドのご紹介をさせていただこうと思います。








2011年に内山太郎氏によってスタートしたブランドで、ロンドンのデザインスクールを卒業後、日本のブランドのディレクションを経て独立された方です。




三重県の伊勢のアトリエにて製作されているアイテムはアウトドアのテイストを感じられるようなものが多いですが、それはハイテク素材を用いた機能美を求める物ではありません。




80年代前後のシエラデザインやパタゴニアなどに見られる機能性もありつつどこかレトロな雰囲気のある、そんな時代のアイテムに近いと言えるかもしれません。




今回はそんなENDSandMEANSを代表するアイテムの一つバッグについてご紹介させていただきたいと思います。




素材とデザインをマイナーチェンジしながら毎シーズンリリースしているバックパックとショルダーバックです。




今回は生地に塩縮撥水コーティングを施したナイロン素材を使用しています。








塩縮加工とは




ナイロンの塩縮加工はナイロンの繊維を特殊な薬品で膨潤させることで糸に膨らみを




持たせることによって繊維の体積が増え、その分生地が縮んで詰まったような風合いに




仕上げすることが出来る加工です。




ナイロン繊維の公定水分率も通常のナイロン繊維よりも低くなるため、




ドライタッチな風合いに変化する事が特徴です。




またシワ感も生まれ生地に表情が生まれています。




またその上から撥水加工もかけているので雨にも強い生地になっています。




今回ショルダーバッグ、バックパックともにパッカブル仕様になっており、小さく携帯することができます。




エコバッグ的な使い方もできるので日常使いに重宝します。ギフトなどにもおすすめです。









“ENDS and MEANS” Sholder Bag

¥12,000+TAX
color black.beige








ENDS and MEANS / Packable Backpack

color brown black
¥18,000 +tax




feets naoto

RIPRAP 2020ss


お久しぶりです。feets志村です。




コロナウイルスの感染拡大に伴いお店も休業せざるを得ない状況となり2週間近く経ちました。




私はこんな状況だからこそ音楽や映画、アートそしてファッションが心の栄養になってくれることを信じています。




そんな私が最近購入したRIPRAPですが、2020春夏のコレクションアイテムがお店には続々と届いています。




その中からいくつかご紹介させていただこうと思います。




まずこちらのsnow hoodieをご紹介させていただきます。








コットンリネン素材の春夏にふさわしいサラッとした生地で仕立てられています。




コットンリネンと言えば少しザラッとした質感を想像される方が多いと思います。




しかしこちらのスノーフーディーに使われている生地は特殊な樹脂加工を施してあるので、生地にハリ感を持たせつつしっとりとした質感に仕上がっています。




また私が着ていて思うことなのですがこの手のアノラックタイプアウターと比べてかなり着心地が軽いことです。




例えるならフード付きのシャツのような感覚です。




その軽さを実現しているのが縫製にあります。




こちらのアイテムはアウターでありながらシャツ工場で仕立てられています。




ドレスシャツのディティールが随所に散りばめられているのでそこに注目して探してみるとこの服をより楽しむことができます。




また職人達の技によって縫代をかなり少なくすることができるのでそれによって着心地が軽くなっています。




また今期のアイテムで同じようにシャツ工場で仕立てられたアウターがあります。




それがRIPRAP hunting jacketです。







こちらは素材が変わり番手の高いウールとリネンを使用しています。




生地の段階と製品の段階で洗いをかけているためこちらも着心地が非常に軽くまた柔らかくしなやかです。




カバーオールと言うとワークのアイテムのイメージが先行してしまい堅牢で重たいものを想像してしまいますが、こちらはそのイメージとは全くかけ離れたものです。




お店には他にも新しいアイテムが届いています。




毎日スタッフ一丸となってオンラインショップも更新しています。是非ご覧ください。




hunting jacket

price 40,000+TAX
size S M L
color NAVY BLACK




snow hoodie
price 32,000+TAX
size M L
color WHITE GREY




CABOCLO

今ファッション業界全体としてSustainable(人間・社会・地球環境の持続可能な発展)をテーマとして環境問題に取り組もうとする動きがあります。

自分達の息子、孫の世代さらにその未来の世界まで資源が存在する世界を目指して今の世代が取り組まなければこの問題は解消されないと私は考えます。

そんなサステイナブルに取り組んでいるスペインのシューズメーカーcabocloについて今回はお話しさせていただこうと思います。

cabocloはスペイン在住のブラジル人女性、JULIANOによって2006年に設立されたシューメーカーです。
あまり知られていないのですがブラジルは靴の生産量が中国、インドに次いで世界第3位を誇る国です。

ブラジルの靴の良さはなんといってもコストパフォーマンスです。16世期頃から始まったブラジルの靴作りですが、今日に続くまで靴工場と多くの靴職人によって支えられてきています。

デザイナーのJULIANOはこの職人達と靴工場を守るためmade in Brazilにこだわり手作業にて丁寧に作られています。

さてこちらのcabocloがなぜサステイナブルかというお話しですが、大きく理由が2つございます。
まず1つが革のなめし方にあります。

皮のなめし方には色々な方法があります。しかしその多くは有害物質が発生するもので、周辺環境が汚染されたり、なめし職人に健康的な被害が出るケースも少なくありません。私が先日読んだバングラディッシュのなめし工場の記事です。

「バングラデシュ:革なめし工場が引き起こす 労働者の健康被害 周辺環境の汚染」

このように健康被害に苦しむ子供や環境汚染が背景にあるのです。

cabocloでは全てのレザーアイテムをベジタブルタンニンなめしという方法でなめしています。

ベジタブルタンニンでは植物由来の材料を使用しているので有害物質が発生しません。

またアレルギーをお持ちの方でも使っていただけます。

またレザーが廃棄され燃やされたときに発生する有害物質もベジタブルタンニンなめしでは発生しないのでその後も地球と人に優しい製法と言えます。

またベジタブルタンニンなめしの魅力は他にもあります。

それはエイジングです。

植物タンニンなめしの良さはなんといってもエイジングが楽しめること。使い込んだ時間と共に革が柔らかくなり色艶が増してくるので、自分で革製品を育てていく喜びがあります。

恋人に感謝や愛の言葉を伝えつづけることが良好な関係につながっていくように、植物タンニンなめしの革製品も、日々のブラッシングと共に、月に数回クリームでお手入れしてあげなければなりません。その手間を愛おしいと思える人にはぴったりです。


さてもう一つの理由ですがそれはソールに使用されている素材にあります。

こちらのcabocloのソールはラバーソールを使用しているのですがそのラバーに廃棄されたタイヤの端材を使用しています。

タイヤの中には日本が誇るタイヤメーカーダンロップのものや私達にも親しみのあるブランドのものがあります。(一点一点異なるものです)
このようなリユースを徹底して行なっている姿勢はまさにサステイナブルなものづくりと言えるのではないでしょうか。

こちらのcabocloの箱には一つ一つアソートのエコバッグが同封しており、南米の空気感を感じさせてくれます。靴入れとしての役目が終わった後はお買い物用のバッグなどとしても使えるので無駄になりません。
私はこの靴からデザイナーの地元ブラジルのレザー工場そしてそこで働く職人さん達の雇用を守る姿勢、地球の環境に配慮した前向きなサステイナブルの姿勢を感じとても共感しました。

このブログそしてcabocloのものづくりから私達人類が抱える様々な問題を考えるきっかけになってくだされば幸いです。

CABOCLO / leather sandals 25

9,800+TAX

color black, brown

size 36(23-23.5)37(23.5-24)38(24-24.5) 

CABOCLO / leather shoes 08 “

19,800+TAX

color black,brown

size 37(23-23.5), 38(23.5-24), 39(24-24.5) 

CABOCLO / leather shoes 46

19,800+TAX

color black brown

37(23-23.5), 38(23.5-24), 39(24-24.5) 
40(25-25.5)41(25.5-26)42(26-26.5)43(26.5-27)